人気ブログランキング |

<   2019年 08月 ( 57 )   > この月の画像一覧

後方注意

朝6時半の
もんちゅちゅ宅の光景です。
後方注意_d0360206_00130391.jpg
ご飯待ちのハッピー。
お行儀良いね!!
後方注意_d0360206_00130854.jpg
うーん……
カメラを少し引いてみよう……
後方注意_d0360206_00131208.jpg
『?』
気づいていないのはハッピーのみ。
後方注意_d0360206_00131732.jpg
5時過ぎから
ひとっ走り済ませてきたリース。
後方注意_d0360206_00132163.jpg
こちらもハッピー同様ご飯待ち。
ですが、
ちょっと態度が大きくない?


ぽちーとどうぞ。
                        ジャーマン・シェパードランキング

こちらもぽちーと。にほんブログ村 犬ブログ ジャーマンシェパードへ

by monchuchu0116 | 2019-08-31 12:00 | 日常

何時でも何処でも

おはようと起きてから
おやすみと眠る時まで
何時でも何処でも_d0360206_00054510.jpg
ずっと一緒に過ごしていた。
同伴出勤が当たり前だった。
何時でも何処でも_d0360206_00054982.jpg
いま、わたしは。
自分の半身を捥(も)がれたようです。


ぽちーとどうぞ。

こちらもぽちーと。にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ

by monchuchu0116 | 2019-08-31 00:09 | その他

かくも有難き日常

昨夜は雨をついて夜散歩へ。
速歩で小一時間ほど。
かくも有難き日常_d0360206_00462683.jpg
お互いになかなかの運動量です。
帰宅後、水を飲んで一休みのリース。
かくも有難き日常_d0360206_00463050.jpg
周りが濡れているのは
リースが水を跳ね散らかしながら飲んだから。
かくも有難き日常_d0360206_00463446.jpg
ここがいちばんのひんやりスポット。
もんちゅちゅ母が夜食を準備してくれるのを
じっと待っているリースです。
かくも有難き日常_d0360206_00464101.jpg
雷さえ鳴らなければ
大雨が降っていても平気なハッピー。
かくも有難き日常_d0360206_00464496.jpg
雨が降りしきる中庭を眺めながら
どうやらご機嫌さんのよう。
かくも有難き日常_d0360206_00464818.jpg
キミたちと共に過ごすこの時間が
今は只ひたすらに有難い。


ぽちーとどうぞ。
                        ジャーマン・シェパードランキング

こちらもぽちーと。にほんブログ村 犬ブログ ジャーマンシェパードへ

by monchuchu0116 | 2019-08-30 12:00 | 日常

本音を言えば

本音を言えば_d0360206_00070203.jpg
もう少しだけ
一緒に居られると思っていた。

会いたいよ、おちびちゃん。
会いたくて会いたくて堪らない。


ぽちーとどうぞ。

こちらもぽちーと。にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ

by monchuchu0116 | 2019-08-30 00:45 | その他

不覚をとる

今朝の天気は大丈夫、
何なら晴れ間が覗くかもよ?
不覚をとる_d0360206_00383411.jpg
って言ったじゃん!!
天気予報が←
不覚をとる_d0360206_00383867.jpg
大雨でした。
ちなみに昨日の夕方は雨が止んでいて、
不覚をとる_d0360206_00384356.jpg
ハッピーも無事に
外を満喫することが出来ました。
不覚をとる_d0360206_00384728.jpg
(スマホ撮影)
先週末、
リースを連れて中学校跡地へ。
不覚をとる_d0360206_00385147.jpg
ムクとゆきと一緒に、
何度も写真を撮った場所です。
デジカメを持参しなかったのが悔やまれます。


ぽちーとどうぞ。
                        ジャーマン・シェパードランキング

こちらもぽちーと。にほんブログ村 犬ブログ ジャーマンシェパードへ

by monchuchu0116 | 2019-08-29 12:00 | 日常 | Comments(4)

心の均衡を保つため

心の均衡を保つため_d0360206_00121491.jpg
ゆきが居なくなって2週間。
日中は仕事に没頭し
わざと仕事を増やし

そして
母と画伯ちゃんと
ゆきの思い出を沢山話しています。
「あんな性格だった」
「こんなことを仕出かした」
しんみりしたり、笑ったり。

夜独りになったら
疲労困憊するまでトレーニングを課し
何も考えずに済むようにして

そんなふうに
わたしは心の均衡を保っています。


ぽちーとどうぞ。

こちらもぽちーと。にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ

by monchuchu0116 | 2019-08-29 00:36 | その他 | Comments(3)

そして引きこもる

昨日も雨なら今日も雨。
何だか梅雨に逆戻りしたみたい@くまモン県
そして引きこもる_d0360206_00345113.jpg
そしてそして
昨晩もまたしつこいほどに轟く雷鳴。
そして引きこもる_d0360206_00345736.jpg
意気消沈したハッピーは
カウチの上で時折ブルブル震えています。
そして引きこもる_d0360206_00350123.jpg
こちら、皆から大雑把だと言われているリース。
……あ、あれ?
シェパードって神経質な子が多いって聞いたよ?
そして引きこもる_d0360206_00351004.jpg
落雷の音にも怯みませんが、
そして引きこもる_d0360206_00351403.jpg
外で遊べないのが不満です。
せっかく涼しくなったのにねー。
そして引きこもる_d0360206_00351822.jpg
こんな日は
家族皆で引きこもりましょうそうしましょう。


ぽちーとどうぞ。
                        ジャーマン・シェパードランキング

こちらもぽちーと。にほんブログ村 犬ブログ ジャーマンシェパードへ

by monchuchu0116 | 2019-08-28 12:00 | 日常 | Comments(4)

もしも病気でなければ

ゆきの二七日でした。
数々の写真を見返しては、
鮮明な思い出に圧倒されます。
もしも病気でなければ_d0360206_23544507.jpg
泳ぎがとても上手だったおちびちゃん。
わたしは夏を迎える度にプールを設置し、
パテラの後肢に筋肉をつけて欲しく
毎日のように彼女を泳がせていました。
もしも病気でなければ_d0360206_23545327.jpg
舌を巻くほどの見事な泳ぎっぷりでした。
心臓病が発覚して以降、
プールは封印せざるを得ませんでしたが。
本当に上手だったのです。
まるでカッパみたいに!!


ぽちーとどうぞ。

こちらもぽちーと。にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ

by monchuchu0116 | 2019-08-28 00:33 | その他 | Comments(4)

この時期には見合わないほど
朝は涼しさを覚えるくまモン県です。
自分で出来ることは自分で_d0360206_00220115.jpg
そうはいっても
クールダウン必須のリース。
自分で出来ることは自分で_d0360206_00220502.jpg
タライの水に浸かるだけでは飽き足らず、
自分で出来ることは自分で_d0360206_00220954.jpg
芝生に散水中のホースを独り占め。
自分で出来ることは自分で_d0360206_00221219.jpg
(その座り方はどうかと思うが)
伏せたり座ったり、
自分で出来ることは自分で_d0360206_00221651.jpg
自分で上手いこと調節しています。
手のかからない子です。
自分で出来ることは自分で_d0360206_00222140.jpg
その調子で
タオルドライのやり方も習得してくれないかなぁ。


ぽちーとどうぞ。
                        ジャーマン・シェパードランキング

こちらもぽちーと。にほんブログ村 犬ブログ ジャーマンシェパードへ

by monchuchu0116 | 2019-08-27 12:00 | 日常 | Comments(2)

最期の日のこと④

最期の日のこと④_d0360206_23345871.jpg
病院から戻る車の中、画伯ちゃんは運転席。
わたしは後部座席でゆきを簡易酸素ボックスに入れて
更に彼女の口もとに酸素マスクを翳していました。
ゆきは鬱陶しそうにマスクを払い除ける仕草を見せ、
そんな元気を取り戻したのかとわたしは喜びました。

家に帰り着いたのは午後4時半過ぎ。
予め準備をしていた酸素ボックスにゆきを移し、
わたしの部屋には母と画伯ちゃんもやって来て、
みんなでゆきを労い励ましました。
ゆきは酸素ボックスの中でお座りをし、
母と画伯ちゃんの顔を順繰りに見つめました。

その時のゆきの顔つきはしっかりとして、
その所為で皆は糠喜びをしました。
母と画伯ちゃんは暫し後に自室へと引き上げました。
部屋にはゆきとわたしだけ。

ネブライザーの準備をしようかと思い立った時。
不意にゆきが身体を丸めました。
ちょうど疲れてひと眠りをする時のように。
そしてわたしは理解しました。
ゆきは旅立とうとしているのだと。

すぐさま母と画伯ちゃんを呼び戻し、
わたしはゆきを酸素ボックスから出して抱き上げて、
心臓マッサージと人口呼吸を開始しました。
しかし午前とは異なりゆきの反応は芳しくなく、
傍らでは母と画伯ちゃんが静かに泣いていました。

何度か処置を繰り返し、
それでもゆきの身体はぐにゃぐにゃのまま。
わたしは処置を止める決意をしました。
「頑張ったね、おちびちゃん」
「もう疲れたね。ちょっとおやすみしようね」
喪失感より哀しさより、感謝の気持ちが大きかった。
「いままで、ありがとう」

もしかしたら。
午前に呼吸停止した時に、ゆきは旅立つ筈だったのでしょう。
わたしが無理を言って彼女を引き留めてしまったのか、
或いは神様からのボーナスステージか。
兎に角、もう彼女に無理を強いることは出来ませんでした。

腕の中で彼女は眠りに就き、
その顔は本当に穏やかそのものでした。
まるで微笑んでいるようでした。

わたしの可愛いおちびちゃんは、
大好きな家で
大好きな皆が揃った時に
わたしに抱かれたまま息を引き取りました。
最期の日のこと④_d0360206_23350118.jpg
わたしは全力で彼女を愛し
彼女はそれに応えてくれました。
生涯決して忘れることのない、
幸せな記憶を残してくれました。

大好きだよ、おちびちゃん。
今までも、これからも。


ぽちーとどうぞ。

こちらもぽちーと。にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ

by monchuchu0116 | 2019-08-27 00:20 | その他 | Comments(8)