人気ブログランキング |

<   2015年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

提示された治療法

そもそも白内障とは。
眼球の前面にある「水晶体」という部分が
何らかの原因によって白濁し視力の低下を来すもの。
原因としては加齢、外傷、先天性、糖尿病に伴うもの、等々。
提示された治療法_d0360206_13092591.jpg

この病が進行すると視力の低下のみならず
目の疲れや疼痛、そして最終的には失明に至ることもあり得ます。
提示された治療法_d0360206_13092659.jpg

さて、主治医の先生から提示された選択肢は二つ。
①点眼液を継続して使用し、保存的に経過を観察
②眼科を専門とする病院での手術
提示された治療法_d0360206_13092796.jpg

①については、水晶体を構成するたんぱく質の変性を阻害する薬を投与し
白内障による症状の進行を遅らせるという治療法。
「進行を遅らせる」治療法であるため、徐々に病は進行します。
進行の具合によっては失明も免れないでしょう。
提示された治療法_d0360206_13092783.jpg

②については、今現在での白内障に対する唯一の根本的治療。
濁った水晶体を取り除き、代わりに人工レンズをはめ込む方法です。
手術には全身麻酔を要し、術後1カ月程度はエリザベスカラーの着用と点眼・内服治療を併用。
100パーセント治るという保証はなく、主な術後の合併症としては感染と緑内障がある。
眼科を専門として標榜する動物病院はまだ少なく、もし手術を希望する場合は
もんちゅちゅ居住地より車で3時間強・隣県の病院に紹介する必要があるとのこと。
提示された治療法_d0360206_13092891.jpg

ゆきの心臓病と気管虚脱は、全身麻酔の際に大きなリスクと成り得るでしょう。
手術により生じる利益と不利益とを天秤にかけて、
わたしは彼女に手術を受けさせないことを選択しました。

綺麗なもの、大好きなものをいっぱいその目に焼き付けて。
今後何があっても、絶対に忘れることがないように。
もしも不運にしてあなたの視力が失われてしまうのならば。
その時は、わたしがあなたの目になります。

提示された治療法_d0360206_13053550.jpg

にほんブログ村
目薬は上手に点させてくれるおちびちゃん。
by monchuchu0116 | 2015-10-01 05:30 | 病院・病気 | Comments(0)