人気ブログランキング |

<   2014年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

ポメの服選びガイド

ポメの服選びは難しい。
d0360206_12393906.jpg

コンセプトはいまいち不明だが、
何となくオサレな洋服の一例。
d0360206_12394032.jpg

ピンク、リボン、キティちゃん。
ここまで女の子女の子していると、
いっそすがすがしい一例。
d0360206_12394013.jpg

首回りと着丈で選ぶと、胴体部分はぱつんぱつん。
無駄に肉体美を強調してしまいます。女の子なのに。
d0360206_12394058.jpg

胴回りで選ぶと、着丈も袖も長すぎて
歩くたびに袖を散々踏みつけた挙句、
d0360206_12394057.jpg

このように非常に残念な結果になります。
にっちもさっちもいかなくなり、渋い顔をするポメの一例。


d0360206_12284121.gif

にほんブログ村
by monchuchu0116 | 2014-01-21 00:13 | Comments(0)

特別な場所、特別な犬

昔の話をしましょうか。
d0360206_12393628.jpg

海が見える小さな町に、
小学校に上がったばかりの子どもと
一頭の犬がいました。
d0360206_12393663.jpg

赤い首輪がよく似合う真っ白い日本犬は
とても利口で勇猛果敢、
それでいて雌犬らしい優しさをあわせ持っていて、
子どもにとって最高の相棒でした。
d0360206_12393782.jpg

一人と一頭は毎日この公園にやって来て、
日が暮れるまで一緒に遊んでいました。
何年も、何年も。
d0360206_12393811.jpg

やがて犬は死に
子どもは大人になり
d0360206_12393954.jpg

いま
こうして再びこの公園にやって来ました。

大人にとって最高の相棒と一緒に。

d0360206_12284121.gif

にほんブログ村
by monchuchu0116 | 2014-01-20 00:17 | Comments(0)

最近の心臓の具合

昨年の11月下旬に
僧帽弁閉鎖不全症に対する投薬治療が始まりました。
d0360206_12393367.jpg

当初はなかなか薬の効果が得られず、
量を増やしたり種類を増やしたり試行錯誤の日々が続きました。
d0360206_12393363.jpg

年が明けて1月中旬、
心臓病から生じる咳の症状が明らかに減少しました。
d0360206_12393356.jpg

完全に消失したわけではないのですが、
以前のようにもんちゅちゅがうろたえるほどの咳は無く、
最近ではまったく咳を聞かない日もあります。
d0360206_12393445.jpg

心臓病の薬と療法食、
熟考の末に併用を決めたサプリメント、
この小さな身体に秘められた生命力、
d0360206_12393439.jpg

そして何よりも
ゆきを見守ってくださる方々の思いに感謝します。

この病気が完治することは望めないまでも、
どうかこのまま進行が止まってくれますように。

d0360206_12284121.gif

にほんブログ村
by monchuchu0116 | 2014-01-19 00:20 | Comments(0)

非アイコンタクト

ゆきが視線をそらす時。
d0360206_12393138.jpg

ひとつは、何かやましいところがある時。
そしてもうひとつは、
d0360206_12393145.jpg

……怒っている時。
d0360206_12393283.jpg

何回名前を呼んでも、
どんなになだめすかしても、
d0360206_12393214.jpg

絶対に
絶対に目を合わせません。
d0360206_12393217.jpg

職場の飲み会、これでも早く切り上げてきたんだよー。
そんなに酔っていないつもりだよー。
ぷりぷりおこんないでー。
かわいこちゃーん。

※不在時にはもんちゅちゅ妹に預けて出かけます。
もんちゅちゅ妹はゆきをとても可愛がってくれるし、
ゆきももんちゅちゅ妹に懐いていますので。

d0360206_12284121.gif

にほんブログ村
by monchuchu0116 | 2014-01-18 04:36 | Comments(0)

ゆきがもんちゅちゅのことを何と呼んでいるのか、
気になったのは少し前のこと
d0360206_12392812.jpg

目下のところもんちゅちゅの関心事は、
ゆきの一人称は何なのか。
d0360206_12392874.jpg

『ゆきはねー、あのねー』
お、いいんじゃない?
d0360206_12392961.jpg

『わたくし』
ちょっとお堅いイメージかな。
でも頭は良さそうに聞こえるねー。
d0360206_12392941.jpg

『わがはい』
それは猫。
かの文豪の小説を読んだ事は無いのかね。
d0360206_12392933.jpg

『ミー』
それが許されるのは、”おそ松くん”のイ○ミだけ!!

d0360206_12284121.gif

にほんブログ村

More
by monchuchu0116 | 2014-01-17 00:23 | Comments(0)

前世はきっと、

生後11ヶ月でもんちゅちゅの車に乗って、
ゆきはすっかり魅了されました。
d0360206_12392663.jpg

車の振動、エンジンの音、ガソリンの匂い。
そのすべてが大好きで、
助手席は今やゆきの特等席です。
d0360206_12392643.jpg

ほんの小一時間ほど前は、
ベッドの上で寝ぼけた顔をしていたのに。
d0360206_12392780.jpg

比べてみれば一目瞭然。
テンションの差はいっそ露骨なほど。
d0360206_12392790.jpg

きっと、前世はカーレーサー。
高速のマシンを自在に操り、風のようにサーキットを疾駆する。
d0360206_12392792.jpg

それか、無骨なトラック野郎。
煙草と演歌を旅のお供に、轟音を立てて大型トラックを転がす。

少なくとも、
現世では助手席専門です。

d0360206_12284121.gif

にほんブログ村
by monchuchu0116 | 2014-01-16 00:07 | Comments(0)

もしかして、匂う?

ゆきのシャンプー・トリミングは3週間毎にお願いしています。
ちなみに前回は暮れも押し詰まった12月29日でした。
d0360206_12392453.jpg

シャンプーを終えて2週間が過ぎた頃、
様々な匂いがゆきの身体から発せられます。
d0360206_12392480.jpg

肉球はポップコーンの香り。
その香ばしさは癖になりそうです。
d0360206_12392559.jpg

でこっぱちのおでこからは、小鳥の餌の匂いが。
いわゆる雑穀の匂い。
もんちゅちゅは「文鳥の餌の匂い」と表現します。
d0360206_12392552.jpg

身体の大部分は、ちょっと潮っぽい?
海の近くを散歩することが多いせいでしょうか。
d0360206_12392689.jpg

どれ一つとってみても、決して嫌なにおいではなく。
むしろずっと嗅いでいたくなる。
そんなもんちゅちゅは間違いなく「匂いフェチ」です。


d0360206_12284121.gif

にほんブログ村
by monchuchu0116 | 2014-01-15 00:17 | Comments(0)

三連休の最終日。
d0360206_12392048.jpg

天気予報を何度も確認して、
出かけるには絶好の空模様に笑みが零れ、
d0360206_12392119.jpg

いざ車のエンジンをかける寸前、
全てを台無しにする一本の電話。
d0360206_12392206.jpg

急ぎの仕事を終わらせて
職場を出たのは既に陽が傾き始める頃。
d0360206_12392214.jpg

明日はちょっと遠出をしようと、
大好きなドライブに行こうねと、
昨晩寝る前にそう約束したのに。
d0360206_12392333.jpg

結局いつもの散歩になって、
この埋め合わせは必ずするからと
謝るしかない無力な飼い主。


d0360206_12284121.gif

にほんブログ村
by monchuchu0116 | 2014-01-14 00:22 | Comments(0)

きみたちの平均寿命は12歳前後、
d0360206_12391365.jpg

動物医療が発達し、
予防医学が普及して、
比較的長寿とされる小型犬でも
15歳を超えて生きるのは難しい。
d0360206_12391559.jpg

きみたちが
わたしたち人間の
何倍もの速さで歳をとっていくのは厳然たる事実で、
それを変えられないのは分かっている。
d0360206_12391802.jpg

でもわたしは、言霊(ことだま)を信じる。
言葉には不思議な力があって、
良い言葉を口に出すとそれが現実になる事を信じる。
d0360206_12391898.jpg

小さい子も大きい子も、犬も猫も、
愛する人のもとで二十歳を迎えられますように。
d0360206_12391989.jpg

13年後に、きみの成人の日を祝おう。


d0360206_12284121.gif

にほんブログ村
by monchuchu0116 | 2014-01-13 00:22 | Comments(0)

防波堤には魔物がひそむ

全国的な大寒波もなんのその、
日中の気温は二桁を記録。
d0360206_12391191.jpg

心配していた風も大したことは無くて、
いそいそと散歩に出かけたまでは良かったのですが。
d0360206_12391203.jpg

『!!』
防波堤に差し掛かった時、
目に見えてゆきの表情がこわばりました。
d0360206_12391205.jpg

『ここには』
恐らくそれは、ゆきが初めて耳にした音。
得体の知れない不気味な音に、小さな足がすくみます。
d0360206_12391284.jpg

『なにかが いる!!』
もう一歩も動けない……。
ゆきをここまで恐怖たらしめたその正体は、
d0360206_12391324.jpg

コケコッコー。
散歩コースのご近所で飼われているであろう、
ニワトリの鳴き声だったのです。


d0360206_12284121.gif

にほんブログ村
by monchuchu0116 | 2014-01-12 00:12 | Comments(0)