人気ブログランキング |

カテゴリ:その他( 89 )

二度と離れない

今日はムクの誕生日です。
生きていたら13歳、ゆきと並ぶ筈でした。
d0360206_01185063.jpg
お盆に家へ帰ってきて、
ゆきを一緒に連れて行ってくれた。
d0360206_01194076.jpg
優しいムクのことだから、
ゆきをひとり旅立たせるのが心配だったのでしょう。
d0360206_01172924.jpg
仲良しの凸凹コンビ。
もう二度と離れなくていいよ。
ゆきのこと、よろしく頼むね。


ぽちーとどうぞ。

こちらもぽちーと。にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ

by monchuchu0116 | 2019-08-25 12:00 | その他

最期の日のこと②

d0360206_00341555.jpg
病院ではすぐに治療が開始されました。
処置台の上のゆきは、意識がありました。
舌の色はまだ悪かったものの、
彼女の目は確かにわたしを追っていました。

原因を調べないことには打つ手がない。
まずは酸素を吸入させて呼吸の改善を図り、
X線写真を撮ってみましょうと。
そしてゆきは酸素室へ、わたしは待合室へ。
祈るような思いで待ちながら一時間が過ぎ、
わたしは主治医の先生に呼ばれました。

ゆきは酸素吸入とネブライザーを行い、
今は比較的安定しているとのこと。
X線撮影の結果、肺炎を思わせる影がある。
喉頭麻痺の経過を併せて考えると、
誤嚥性肺炎と診断するのが妥当ではないか。
抗生剤を投与して、夕方まで経過を見ましょう。

わたしは了承し、
ゆきに会わせてくれるよう頼みました。
AHTさんが酸素室に案内してくれました。
ゆきは大きな酸素室の中、
座ってこちらを向いていました。
呼吸数は多くは無く、わたしは少し安堵しました。
酸素室の透明な扉越しに見るゆきは、

わたしが愛して止まない大きな瞳で
わたしをじっと見つめていました。
この状況に戸惑ってるのか、
きょとんとしているようにも見えました。
夕方には迎えに来るからと言い聞かせ、
よろしくお願いしますと頭を下げて、
わたしは病院を後にしました。


ぽちーとどうぞ。

こちらもぽちーと。にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ

by monchuchu0116 | 2019-08-25 01:14 | その他

最期の日のこと①

d0360206_23390010.jpg
ゆきの体調が急変したのは、8月13日午前5時。
呼吸数が90回/分となり、只事でないと思いました。
チアノーゼはありませんでしたが、すぐに酸素ボックスへ。
病院が開くのは午前9時、
それまでは酸素ボックスの傍らで声をかけ続け、
職場には遅刻する旨を連絡し了承して貰いました。

酸素ボックスの中で呼吸は徐々に落ち着き、
この機を逃す訳にはいかず、
8時過ぎにゆきを助手席に乗せて病院へ向かいました。
行程の半分ほどまで来た時に、ゆきに異変が生じました。
助手席で急に仰け反るような姿勢になり、
舌や口腔粘膜が紙粘土のような色に転じ、
わたしはゆきが呼吸を止めようとしているのだと察しました。

右手で車のハンドルを操りながら、
わたしは左手でゆきを己の膝に引っ張り上げました。
ゆきは既に意識も自発呼吸も無くて、
小さい身体はぐにゃぐにゃで縫いぐるみのようでした。
ここで死なせるわけにはいかない。
画伯ちゃんも母も、こんな状況だなんて知らない。
みんな未だ、覚悟が出来ていない。

わたしは左手で心臓マッサージを始め、
ゆきのマズルを己の口で覆って息を吹き込み、
戻っておいでと呼びかけました。
彼女はわたしの呼ぶ声に応えてくれて、
蘇生処置の途中で自力での呼吸を再開しました。
わたしは何度もゆきの名を呼んで
「ゆきはお利口さんだね」
「頑張って、自分で息をするんだよ」
「もう病院に着くからね」

病院の駐車場に車を滑り込ませ、
わたしはゆきを腕に抱いて、受付へと走りました。


ぽちーとどうぞ。

こちらもぽちーと。にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ

by monchuchu0116 | 2019-08-24 00:14 | その他

しあわせな夢

d0360206_00231827.jpg
うたた寝の短い時間に、夢を見ました。
わたしはゆきを腕に抱いていました。
これが現実でないと分かっていながら
幸せな気持ちでいっぱいでした。


会いたいよ、おちびちゃん。
いつもと同じに抱っこをして
あなたの匂いを嗅いで
ふわふわの和毛を撫でて
たくさんキスをして
もう一度
大好きだよと伝えたい。


ぽちーとどうぞ。

こちらもぽちーと。にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ

by monchuchu0116 | 2019-08-23 00:31 | その他 | Comments(5)

闘いの記録

d0360206_00141366.jpg
わたしのおちびちゃんは、ちょっぴり虚弱体質でした。
僧帽弁と大動脈弁の閉鎖不全症、右心不全。
気管虚脱と喉頭麻痺。
両側後肢にはパテラ(膝蓋骨脱臼)が在り、
左後肢は前十字靭帯の断裂も合併しました。
ステージ2の腎不全でもありました。

彼女を死に至らしめた病気は、
喉頭麻痺の合併症としての誤嚥性肺炎。
1年前に喉頭麻痺を発症し、
酸素ボックスとネブライザーを併用する毎日でした。

それでも。
彼女は日々一分一秒を謳歌し、
不自由ではあっても不幸ではなかったと思いたい。
d0360206_00141746.jpg
わたしの可愛いおちびちゃんは
とても勇敢な戦士でした。
病に屈することを良しとせず、
その小さな身体の全部を以って、
最期の瞬間まで闘っていました。


ぽちーとどうぞ。

こちらもぽちーと。にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ

by monchuchu0116 | 2019-08-22 00:26 | その他 | Comments(5)

わたしとの約束

d0360206_06341714.jpg
最期の日に、わたしたちは二つの約束をしました。

最初の約束は、病院へと向かう車の中で。
呼吸が停止したゆきを膝に抱いて
わたしは心臓マッサージと人口呼吸を施しました。
「もうすぐ病院に着くから」
「それまで頑張って」
「息をして。戻っておいで」
何回目かに息を吹き込んだ時、
ゆきは自分で呼吸を再開してくれました。
戻ってきてくれました。

最期の約束は、半日の入院をさせると決めた時。
(ゆきは既に意識を取り戻し、小康状態にありました)
酸素室の中で座るゆきと向かい合って
「夕方には絶対に迎えに来るから」
「それまで待ってて」
ゆきはわたしの顔をじっと見つめていました。

彼女は約束を守ってくれました。
最期までわたしの自慢のおちびちゃんでした。


ぽちーとどうぞ。

こちらもぽちーと。にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ

by monchuchu0116 | 2019-08-21 06:46 | その他 | Comments(9)

泣きたくなったら

わたしの可愛いおちびちゃんは、
素敵にお茶目なおちびちゃんでした。
d0360206_00162709.jpg
カメラを向けているのだから
d0360206_00163235.jpg
お澄ましした顔でも見せれば良いのに
d0360206_00163631.jpg
取り繕わず
有りのままの姿を披露してくれて
d0360206_00164000.jpg
わたしの心は
こんなにも空虚なのに
d0360206_00164438.jpg
何故だか
笑いが込み上げてきます。

8月20日は初七日。
先週の月曜日には
確かにわたしの傍に居た。


ぽちーとどうぞ。

こちらもぽちーと。にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ

by monchuchu0116 | 2019-08-20 00:43 | その他 | Comments(7)

別れの予感

ひと月ほど前から
ゆきはわたしにお別れの挨拶をしていました。
d0360206_23501456.jpg
(8月12日。旅立つ前日のおちびちゃん)
始まりは、何気なく腕に彼女を抱いていた時。
彼女が首を巡らせ、わたしを見上げたその眼差し。
わたしはこれまでにない胸騒ぎを覚え、
暫くの間ゆきから目を離せずにいました。
d0360206_23502466.jpg
それからというもの、
彼女の表情・仕草・ふとした瞬間に。
わたしは確信を深めざるを得ませんでした。
彼女がわたしに送る数々のサイン。
もう長くは一緒に居られない。
ゆきはお別れを言っているんだ。
d0360206_23503557.jpg
ブログには書けませんでした。
何度か画伯ちゃんに話そうとして、
その度に言葉を飲み込みました。
何故ならゆきは特に体調を崩すこともなく、
縁起でもないと怒られそうな気がして。
でも
それらを気のせいだと片付けるには
わたしたちは長い時間を共にし過ぎていました。
d0360206_23504763.jpg
決定的な出来事がありました。
昨年の5月、ムクが息を引き取った時。
その時に嗅いだ匂いが、ゆきからふわりと漂ったこと。
最早間違えようがありませんでした。
d0360206_23510668.jpg
ひと月をかけて覚悟を決めて。
ゆきがわたしに時間をくれました。
そうでなければ、わたしの心は壊れていた。

いま、意外なほどにわたしの心は平静です。


ぽちーとどうぞ。

こちらもぽちーと。にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ

by monchuchu0116 | 2019-08-19 00:18 | その他 | Comments(15)

何もかもが不要になって

一週間分の天気予報も
今日の気圧の動きも
室温も湿度もチェックしなくて良いし
d0360206_01031517.jpg
出かける15分前に
車のエンジンをかけて
エアコンを全開にしなくても良いし
d0360206_01031945.jpg
職場で冷えたお水を用意したり
監視カメラを作動させたり
一緒にお昼を食べたり
お昼寝をさせたり
何もかもが不要になりました。


ぽちーとどうぞ。

こちらもぽちーと。にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ

by monchuchu0116 | 2019-08-18 01:22 | その他

最期の笑顔

d0360206_23020812.jpg
わたしの可愛いおちびちゃんは、
笑顔が素敵なおちびちゃんでした。

垂れ気味の目が益々強調されて
口角が持ち上がって
そんな彼女の顔を眺めていると
何ともいえず幸せな気持ちになれました。

息を引き取る瞬間のゆきの顔は
好奇心旺盛な彼女らしく
くりくりの目は少し開いたまま、
そして口角は確かにきゅっと上がり、

笑顔が素敵なおちびちゃんは
わたしを魅了して止まない笑顔のままで
わたしの腕の中で眠りに就きました。


ぽちーとどうぞ。

こちらもぽちーと。にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ

by monchuchu0116 | 2019-08-17 00:17 | その他