カテゴリ:病院・病気( 227 )

そしていざ再診

良いお天気の金曜日、
予定通りにゆきの病院へ。
d0360206_01443793.jpg
『けっ("゚д゚)、』
血液検査と胸のエックス線写真、
d0360206_01444185.jpg
いざその結果は、と言いますと。
d0360206_01444792.jpg
白血球数も炎症反応もほぼ正常値、
胸のモヤモヤとした影はほぼ消え失せて、
d0360206_01445437.jpg
2週間服用していた抗生剤、
こちらの内服を終了して様子を見ます。
d0360206_01451687.jpg
できればステロイドの内服を減らしたいところ。
今後はステロイドの吸入を視野に入れています。
主治医の先生が何かいい薬は無いかと模索中です。
d0360206_01451001.jpg
ネブライザーと酸素は継続とし、
10日後に再診となりました。
d0360206_01450598.jpg
お疲れさま、おちびちゃん。
回復の度合いとしては、7割方といったところ。
次の受診日には、もっと良くなっていることでしょう。


ぽちーとどうぞ。

こちらもぽちーと。にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ

[PR]
by monchuchu0116 | 2018-06-16 05:15 | 病院・病気

予感がした

木曜日のおちびちゃん。
咳の発作は午前6時、
それ以降は落ち着いて過ごせました。
d0360206_00210137.jpg
退屈を持て余し
amazonの段ボール(の切れ端)で遊ぶ姿が不憫で←
d0360206_00210961.jpg
『やったー』
新しいおもちゃを進呈。
ムカデとウミウシ
センスには自信があるのだ(*´σー`)
d0360206_00211666.jpg
あのね、おちびちゃん。
昨日の朝に、
酸素室で目覚めたキミの顔を見て。
d0360206_00212162.jpg
わたしには、分かった。
この子はもう大丈夫。
d0360206_00212740.jpg
根拠は無いけれど
わたしの予感は当たるのだ。
d0360206_00213255.jpg
『どやぁ』
そんなわけで、
今日はゆきの再診日です。


ぽちーとどうぞ。

こちらもぽちーと。にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ

[PR]
by monchuchu0116 | 2018-06-15 05:15 | 病院・病気 | Comments(4)

介助

まずは、水曜日のおちびちゃん。
咳の発作は、午前4時に。
d0360206_00172955.jpg
なるほど、
どうやら午前4時は”魔の時間帯”か。
前日も発作は午前4時に起きた。
d0360206_00175954.jpg
しかし前日と異なったのは。
水曜の発作時は、べトルファールを服用せずとも。
酸素室で安静を保ち、自然に軽快したこと("´∀`)b
いいよーいいよー。
d0360206_00182943.jpg
さて、そんなおちびちゃん。
今は呼吸器の疾患がメインです。
少しの動作で呼吸苦が生じる状態です。
d0360206_00190064.jpg
水を飲む時、おトイレの時。
身体に力が入ると「ひゅひゅ」と喉から異音。
故に、こういう時には介助が不可欠。
もんちゅちゅが黒子の如くすっ飛んできて、
小さな背中を両手でしっかとホールド。
d0360206_00192960.jpg
そしてもう一点、大事なこと。
兎に角、誤嚥をさせないこと。
これまでは「ご飯は飲み物」のちびすけでしたが、
いまやゆっくり食べることが急務となりました。
ノエルママさまのおっしゃる通り!!
d0360206_00583790.jpg
従って、ゆきに食事を与える際には。
ゆきの一口分ずつの量を、
もんちゅちゅの指にのせて食べさせることに終始。
(スプーンは嫌がったため断念)

早食いのゆきにとってはもどかしいことでしょう、
でも。
誤嚥のリスクを減らすためだ!!
どうか慣れてくれたまへ。


ぽちーとどうぞ。

こちらもぽちーと。にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ

[PR]
by monchuchu0116 | 2018-06-14 05:15 | 病院・病気 | Comments(5)

気力は充分ですから!!

連日ご心配を頂いております、
おちびちゃんの体調ですが。
d0360206_00580336.jpg
梅雨の晴れ間の火曜日でしたが。
特別に良い訳ではなく。
うーむ。
d0360206_00580804.jpg
火曜の未明、咳の発作が2回。
2時の発作は30分程度で自然に消退、
4時の発作は治まらずにべトルファール服用。
d0360206_00581333.jpg
日中は比較的安定、
夕食後に数分程度の咳発作。
d0360206_00581905.jpg
月曜はステロイド未服用であり、
火曜の夕食後にはステロイドを服用としました。
d0360206_00582471.jpg
ネブライザーは日に4回、
抗生剤の内服は相変わらず継続中、
それでもまだ何とも言えないゆきの病状。
d0360206_00582883.jpg
ですが彼女には。
今日も衰えない食欲と、
充分な気力という強味がありますので。
d0360206_00583209.jpg
きっと大丈夫だと信じています。
※本日は朝食後の変顔でお送りしました。


ぽちーとどうぞ。

こちらもぽちーと。にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ

[PR]
by monchuchu0116 | 2018-06-13 05:15 | 病院・病気 | Comments(6)

すべてが手探り

新しい週が始まり、
月曜日のゆきの様子です。
d0360206_00281845.jpg
咳の発作は
夕方に一回、夜に二回。
d0360206_00282490.jpg
今回はべトルファールを服用させず、
酸素室+ネブライザーで対処しました。
d0360206_00283002.jpg
まだまだ、色んなことが手探りです。
最適な温度→22℃~24℃
最適な湿度→45~50%
d0360206_00283564.jpg
咳が出やすいのは、圧倒的に夜間。
飲水後とおトイレ後も。
そして雨が降る前には、特に発作が多くなる。
d0360206_00284105.jpg
べトルファールとネブライザーを比較すると、
効果発現までの時間も効果も大差なし?
ステロイドは?
ううーん、薬に関しては未知数のことが多い。
d0360206_00284634.jpg
ちょっと特殊なゆきの病気。
分からないことがたくさん。
でも、少しずつ分かってきたこともある。
焦らない。一歩一歩。


ぽちーとどうぞ。

こちらもぽちーと。にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ

[PR]
by monchuchu0116 | 2018-06-12 05:15 | 病院・病気 | Comments(5)

恨んでも仕方ないでしょ

週末はほぼずっと家の中。
絶賛インドア満喫中のもんちゅちゅです。
d0360206_00234932.jpg
わたしのおちびちゃん、
調子が良い時と悪い時の落差が激しく、
d0360206_00235308.jpg
土曜の夜からは
残念なことに不調の波が。
d0360206_00235756.jpg
これは日曜の朝。
もんちゅちゅのビバーク地を占拠。
一見するとご機嫌なようですが、
d0360206_00240244.jpg
週末は咳の発作に何度も見舞われ、
咳止めのべトルファールを3回服用。
d0360206_00240603.jpg
その副作用で眠気に襲われて
終日ぼうっとして過ごしたおちびでした。
d0360206_00241198.jpg
ネブライザーも欠かせません。
この不調は多分、天気と気圧のせい。
湿度が上がって気圧が下がり、
いよいよ雨が降りそうな空模様です。
d0360206_00241537.jpg
でも、いまは梅雨の時期だから。
それに、雨が降らなくても困るから。
天気を恨んでもしょうがないっしょ。
ぐっと堪えて乗り切るまでよ (-。-)y-゜゜゜


ぽちーとどうぞ。

こちらもぽちーと。にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ

[PR]
by monchuchu0116 | 2018-06-11 05:15 | 病院・病気 | Comments(4)

今だから言えること

ゆきの調子は小康状態です。
悪くなってはいないので、ひと安心。
d0360206_01195111.jpg
でも、セカンドの病院を受診した時は。
ゆきの具合はとても悪くて、
d0360206_01202079.jpg
ゆきはこのまま
ムクのところに行ってしまうのではないかと、
わたしはただひたすらに恐れていました。
d0360206_01201068.jpg
助手席の画伯の膝の上で
身体を横たえることも出来ぬまま
荒い息を繰り返すゆきを撫でて
d0360206_01201549.jpg
死なせてたまるか。
今ここで死なせるわけにはいかない。
d0360206_01200014.jpg
ムク、もしもゆきがキミのところに来たら。
お願い、全力で追い返して。
そんなに慌てちゃダメだと言ってやって。
d0360206_01202432.jpg
ムクの遺骨が入った胸元のペンダントを握り
わたしは彼に願いを託しました。
ほんの10日ほど前のことでした。

ゆきは精一杯の頑張りを見せ、
ムクは願いを叶えてくれました。


ぽちーとどうぞ。

こちらもぽちーと。にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ

[PR]
by monchuchu0116 | 2018-06-10 05:15 | 病院・病気

軌跡

ゆきの体調のバロメーター。
それは「食欲」に他なりません。
え?知ってるって?
d0360206_00313232.jpg
肺炎を発症して間もなく、体調がどん底の時。
さすがのおちびも、ペースト状の南瓜を舐める程度。
d0360206_00314029.jpg
少しずつ状態が上向きになり、
食事の摂取量も徐々にアップして、
それまで部屋食(酸素室への差し入れ)だったのが、
d0360206_00314538.jpg
このたび無事に
食事処=ダイニング復帰となりました(´▽`*)
ご飯はみんな揃って食べるのがいちばんだね!!
d0360206_00315436.jpg
一昨日の写真に続き、これは昨日の朝のちびたん。
段々と元気になっているのが見てとれます。
d0360206_00320035.jpg
ご飯を食べ終え、
どこかにご飯粒が落ちていないかと
油断なく鋭い眼光を走らせるちびすけ。
d0360206_00320493.jpg
どうやら何も落ちていなかったと
多少なりとも不満顔のおちびちゃん。
d0360206_00321070.jpg
くるくると良く変わる表情もまた、
彼女が元気を取り戻しつつある証です。

彼女の軌跡は
彼女の奇跡でもある。


ぽちーとどうぞ。

こちらもぽちーと。にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ

[PR]
by monchuchu0116 | 2018-06-09 05:15 | 病院・病気

在宅酸素吸入を開始して

ゆきが在宅酸素吸入を開始して
昨日で早1週間。
d0360206_00562791.jpg
かなり呼吸は改善しており、
ずっと酸素室に居る必要もなくなりました。
・夜間の就寝は酸素室で
・1日3回のネブライザーも酸素室で
・その他、呼吸の状態を見ながら
d0360206_00563686.jpg
ゆきの病気(肺炎、喉頭麻痺)が判明して、
すぐに酸素室のレンタルを申し込み、
翌日午前には業者の方が自宅に設置してくださいました。
※申し込みは主治医の先生による
d0360206_00564248.jpg
酸素濃縮器とハウス(小)、
ひと月で一万五千円也。
d0360206_00564753.jpg
直接吸入用のホースとマスク付き。
今のところ使わずに済みそうですが。念のため。
d0360206_00565332.jpg
長時間のブラッシングはまだ出来ず、ボサボサだ!!
業者の方がおっしゃるには、
・酸素を開始する子は13歳以上の子が多い、
・3年ほど使っている子もいる、等々。
d0360206_00565717.jpg
稼働中はうるさいかもしれません、とのことでしたが
ゆきももんちゅちゅも音には鈍感、
何の問題も無く付けっ放しで安眠できます。

いつまでお世話になるかはまだ分かりませんが
ゆきの場合は導入して良かったと思います。


ぽちーとどうぞ。

こちらもぽちーと。にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ

[PR]
by monchuchu0116 | 2018-06-08 05:15 | 病院・病気 | Comments(6)

葛藤が始まった

水曜日も無事に過ぎました。
懸念事項である食欲も充分、
もんちゅちゅは夜の間に「豚さん雑炊」を仕込みます。
d0360206_00242031.jpg
体調が回復するにつれ、
心なしか退屈顔のおちびちゃん。
治療のためとはいえ、酸素室はあまりに狭い。
d0360206_00242530.jpg
そして、彼女は気づいてしまったのです。
酸素室には外界と通じる小窓があることに……!!
d0360206_00243022.jpg
……あ、目が合った。
ちなみにこの小窓、
通常はおやつを差し入れたり
もんちゅちゅが手を突っ込んでゆきを撫でたり
そういう用途に使っています。
d0360206_00243623.jpg
『ここから でられる?』
うーん。無理だと思うよ?
d0360206_00244055.jpg
外で過ごす時間も、日々延長。
そして今日の自由時間が終わり、
もう酸素室に戻りなさいと声をかけたらば。
d0360206_00244536.jpg
酸素室は狭い。
狭いけれど、呼吸が楽になる。
楽になるけれど、退屈。
そんな彼女の葛藤が伝わってくるよう。
そんな彼女の表情。


ぽちーとどうぞ。

こちらもぽちーと。にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ

[PR]
by monchuchu0116 | 2018-06-07 05:15 | 病院・病気 | Comments(4)