カテゴリ:病院・病気( 234 )

絶賛安静中のおちびちゃん。
d0360206_00471268.jpg
お昼寝をする時は
パピーのようにケージイン。
d0360206_00471710.jpg
画伯の部屋でお昼寝です( ̄m ̄〃)
d0360206_00472939.jpg
さてさて、
そんなちびすけちゃんですが。
d0360206_00473529.jpg
金曜日の朝、
もんちゅちゅが朝食を準備している時。
d0360206_00474075.jpg
元気な頃と同じく、
朝ご飯を待ちきれずに催促して、
「きゃわ!!」とひと声吠えました。
d0360206_00474508.jpg
その声を聞いて、わたしも画伯も。
ゆきは確実に良くなってきていると思いました。
d0360206_00475079.jpg
事実、金曜日の朝。
ゆきは朝ご飯を勢いよく、残さず食べました。
流石だぜ、おちびちゃん!!


ぽちーとどうぞ。

こちらもぽちーと。にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ

[PR]
by monchuchu0116 | 2018-08-04 05:15 | 病院・病気

保存的治療中

8月が始まりました!!
8月初日も暑かった……。
d0360206_01004860.jpg
さて、わたしのおちびちゃん。
心臓・腎臓の(いつもの)薬に加え、
d0360206_01005341.jpg
今は(靱帯断裂に対し)
痛み止めの薬が出ています。が。
d0360206_01005822.jpg
どうやら24時間で効き目が切れるらしく、
朝はすこぶる調子が悪そうでした。
d0360206_01010461.jpg
午前はひたすら安静にして
殆ど臥せって過ごして
d0360206_01011705.jpg
午後からはご覧のとおり、
まるで普段通りのおちびちゃん。
d0360206_01014619.jpg
痛みは2,3日で引くらしいけれど
まだまだ心配は尽きません。
d0360206_01015104.jpg
ケージレスとならぬお部屋レスト←
もんちゅちゅの部屋の入口には
バリケードが出現しました。
d0360206_01015661.jpg
ちょっと不満げなおちびちゃん。
暫くは「籠の鳥」も止む無しなのだ。


ぽちーとどうぞ。

こちらもぽちーと。にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ

[PR]
by monchuchu0116 | 2018-08-02 05:15 | 病院・病気

彼女には試練が多すぎる

パテラが酷い方の後肢、
左後肢の靱帯が断裂してしまったゆき。
d0360206_00535053.jpg
肺炎後の療養中で
運動を2カ月ほど中断しているさ中での不運。
d0360206_00535436.jpg
だから、恐らく原因は運動や外的なものでなく。
6年に亘るパテラと加齢によるもの。
d0360206_00535905.jpg
重症のパテラを患い、
循環器・呼吸器の疾患のため手術が出来ず、
d0360206_00543694.jpg
いつかはこんな日が来るのではと思い、
それを口に出したら現実になると恐れ、
d0360206_00544196.jpg
肺炎にならなければ。
運動を中断しなければ。
こんなことにはならなかったのだろうか。


ぽちーとどうぞ。

こちらもぽちーと。にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ

[PR]
by monchuchu0116 | 2018-08-01 05:15 | 病院・病気

靱帯断裂

ゆきの調子がいま一つだったので、
d0360206_00421486.jpg
先週、定期受診したばかりではありますが。
月曜日に急遽再診となりました。
d0360206_00421961.jpg
そして得られた診断結果は、
d0360206_00422479.jpg
左後肢の前十字靭帯断裂
d0360206_00425952.jpg
(病院から戻ってきた!!)
痛み止めの注射をして頂いて、
帰宅後はようやく眠りに就くことが出来ました。
d0360206_00430570.jpg
昨晩は痛くて碌に眠れなかったから。
今夜はゆっくりお休み、わたしの可愛いおちびちゃん。


ぽちーとどうぞ。

こちらもぽちーと。にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ

[PR]
by monchuchu0116 | 2018-07-31 05:15 | 病院・病気 | Comments(5)

梅雨明けの通院日

昨日までの雨が嘘のよう。
晴れ渡った空、ぐんぐんと上昇する気温。
d0360206_00314809.jpg
そんな中、
装甲車のエアコンをガンガンにきかせ。
d0360206_00315484.jpg
ゆきを連れて
病院に行ってきました( ̄▽ ̄)ゞ
d0360206_00320019.jpg
肺の方は更に改善がみられ、
もう2週間の治療を続けたあと、
吸入を漸減する方針となりました。
d0360206_00320607.jpg
安静時の症状はほぼ消失し、
酷く興奮した時や張り切って動きすぎた時、
d0360206_00321180.jpg
そんな時にだけ喘鳴が残っています。
咳は夜間にほんの数回、気にならない程度。
新しく導入したパルミコートが効いている模様。
d0360206_00321766.jpg
斯様に順調な経過を辿っているおちびちゃん。
2週間後の再診も、きっと大丈夫。


ぽちーとどうぞ。

こちらもぽちーと。にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ

[PR]
by monchuchu0116 | 2018-07-10 05:15 | 病院・病気 | Comments(4)

悲観と楽観と覚悟と今後

パルミコートの吸入を開始して10日。
喜ぶべきことに、効果が現れてきました。
d0360206_00391820.jpg
安静時はもう、ほぼ、問題なし。
小走りになった時だけ、わずかな喘鳴。
酸素ボックスの中ではいかにも不満げ。
d0360206_00392266.jpg
さて、そんなおちびちゃん。
肺炎の際に受診したセカンドの病院で、
新たに指摘された「喉頭麻痺」について。
d0360206_00392601.jpg
小型犬では非常にまれです。
レトリバー種など、大型犬に見られます。
中でも10歳以降の高齢犬が多く、
呼吸困難・喘鳴・レッチング・チアノーゼ・失神を来します。
レッチング…吐き出そうとする仕草。空嘔吐。
d0360206_00393175.jpg
根治を目指すならば、手術あるのみ。
ただし、術後は誤嚥性肺炎を合併しやすい。
手術を行わない限り、完治しない。
そして、徐々に進行する疾患です。
d0360206_00393479.jpg
ゆきは体格的にも、年齢的にも、
そして心臓と腎臓の持病を併せて考えても。
手術の適応にはなりませんでした。
d0360206_00393817.jpg
ネブライザーと酸素吸入を行って、
出来る限り良い状態を長い間引っ張って、
もしそれでも進行して窒息する事態が免れなくなったら。
気管切開をして、永久気管瘻形成術をやってもらいます。
もちろん、その時の全身状態を鑑みてです!!
d0360206_00394267.jpg
少なくとも今は、決して悪くない状態のおちびちゃん。
今日も明日も同伴出勤だ!!


ルーママさま、ルフィーちゃん。
はじめまして。
もんちゅちゅは熊本でも端っこに住んでいまして、
高度動物医療とはほぼ無縁の地域です。
ルーママさまがいかに大変な思いをしていらっしゃるか、
僭越ながらもお察し申し上げます。
さて、ゆきの喉頭麻痺を診断して頂いたのは
「大津動物クリニック」(熊本県菊池郡大津町)です。
CTと内視鏡とで診断して頂きました。
あくまでもわたしの印象ですが、
的確な診断・治療技術をお持ちの先生のようでした。
医療機器もスタッフも充実しているようでした。
ですが本日の記事で述べた通り、ゆきは手術適応ではありません。
ルフィーちゃんの場合も体格や持病など、
治療方針には色々な要因が関係してくると思います。
ゆきの場合は出来るだけ内科治療で引っ張ります。
現時点では、幸いにもネブライザーが効果ありのようです。

ルフィーちゃん、今の具合は如何でしょうか。
病院選びは悩みどころですね。
宮崎でしたら、宮大農学部付属の動物病院とか……?
ちなみにゆきが今後これ以上の治療を要する時は、
わたしは鹿児島大学獣医学部附属病院に行くつもりです。
くまモン県まではかなり距離がありますし……うーん。
もし距離が許せば、大津動物クリニックはおススメです。
ルフィーちゃんにとってベストな治療法が見つかりますよう。
症状が和らいで、ルフィーちゃんが楽に過ごせますよう。
くまモン県から願っております。


ぽちーとどうぞ。

こちらもぽちーと。にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ

[PR]
by monchuchu0116 | 2018-07-05 05:15 | 病院・病気 | Comments(6)

ステロイドを試す

良く晴れて暑かった月曜日。
梅雨は何処に行った?
d0360206_00052787.jpg
ゆきは通院日でした。
主に喉頭麻痺の経過観察。
d0360206_00053251.jpg
肺の雑音もわずかながら残っているし、
体動時や興奮時には喘鳴も聴取。
d0360206_00053686.jpg
と、いうことで。
今回から、ステロイドの吸入薬が追加です。
d0360206_00054000.jpg
小型犬の喉頭麻痺は、そもそも症例が少なく。
ゆきの場合は手術適応にもならず。
d0360206_00054626.jpg
ほぼ手探りの状態で
落としどころを見つけようとしています。
※完治する病気ではないので。
d0360206_00055112.jpg
吸入ステロイドも、
使ってみなければ効果のほどは分からない。
d0360206_00055696.jpg
どうか、
少しでも効果が得られますように!!


ぽちーとどうぞ。

こちらもぽちーと。にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ

[PR]
by monchuchu0116 | 2018-06-26 05:15 | 病院・病気 | Comments(3)

そしていざ再診

良いお天気の金曜日、
予定通りにゆきの病院へ。
d0360206_01443793.jpg
『けっ("゚д゚)、』
血液検査と胸のエックス線写真、
d0360206_01444185.jpg
いざその結果は、と言いますと。
d0360206_01444792.jpg
白血球数も炎症反応もほぼ正常値、
胸のモヤモヤとした影はほぼ消え失せて、
d0360206_01445437.jpg
2週間服用していた抗生剤、
こちらの内服を終了して様子を見ます。
d0360206_01451687.jpg
できればステロイドの内服を減らしたいところ。
今後はステロイドの吸入を視野に入れています。
主治医の先生が何かいい薬は無いかと模索中です。
d0360206_01451001.jpg
ネブライザーと酸素は継続とし、
10日後に再診となりました。
d0360206_01450598.jpg
お疲れさま、おちびちゃん。
回復の度合いとしては、7割方といったところ。
次の受診日には、もっと良くなっていることでしょう。


ぽちーとどうぞ。

こちらもぽちーと。にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ

[PR]
by monchuchu0116 | 2018-06-16 05:15 | 病院・病気

予感がした

木曜日のおちびちゃん。
咳の発作は午前6時、
それ以降は落ち着いて過ごせました。
d0360206_00210137.jpg
退屈を持て余し
amazonの段ボール(の切れ端)で遊ぶ姿が不憫で←
d0360206_00210961.jpg
『やったー』
新しいおもちゃを進呈。
ムカデとウミウシ
センスには自信があるのだ(*´σー`)
d0360206_00211666.jpg
あのね、おちびちゃん。
昨日の朝に、
酸素室で目覚めたキミの顔を見て。
d0360206_00212162.jpg
わたしには、分かった。
この子はもう大丈夫。
d0360206_00212740.jpg
根拠は無いけれど
わたしの予感は当たるのだ。
d0360206_00213255.jpg
『どやぁ』
そんなわけで、
今日はゆきの再診日です。


ぽちーとどうぞ。

こちらもぽちーと。にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ

[PR]
by monchuchu0116 | 2018-06-15 05:15 | 病院・病気 | Comments(4)

介助

まずは、水曜日のおちびちゃん。
咳の発作は、午前4時に。
d0360206_00172955.jpg
なるほど、
どうやら午前4時は”魔の時間帯”か。
前日も発作は午前4時に起きた。
d0360206_00175954.jpg
しかし前日と異なったのは。
水曜の発作時は、べトルファールを服用せずとも。
酸素室で安静を保ち、自然に軽快したこと("´∀`)b
いいよーいいよー。
d0360206_00182943.jpg
さて、そんなおちびちゃん。
今は呼吸器の疾患がメインです。
少しの動作で呼吸苦が生じる状態です。
d0360206_00190064.jpg
水を飲む時、おトイレの時。
身体に力が入ると「ひゅひゅ」と喉から異音。
故に、こういう時には介助が不可欠。
もんちゅちゅが黒子の如くすっ飛んできて、
小さな背中を両手でしっかとホールド。
d0360206_00192960.jpg
そしてもう一点、大事なこと。
兎に角、誤嚥をさせないこと。
これまでは「ご飯は飲み物」のちびすけでしたが、
いまやゆっくり食べることが急務となりました。
ノエルママさまのおっしゃる通り!!
d0360206_00583790.jpg
従って、ゆきに食事を与える際には。
ゆきの一口分ずつの量を、
もんちゅちゅの指にのせて食べさせることに終始。
(スプーンは嫌がったため断念)

早食いのゆきにとってはもどかしいことでしょう、
でも。
誤嚥のリスクを減らすためだ!!
どうか慣れてくれたまへ。


ぽちーとどうぞ。

こちらもぽちーと。にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ

[PR]
by monchuchu0116 | 2018-06-14 05:15 | 病院・病気 | Comments(5)