人気ブログランキング |

胃捻転ではなかった、その後

(前回からの続きです)
時間の経過と共に表情が良くなり、
自分で立ち上がって歩き始めたリース。
水を少し与えると喜んで飲み干し、
特に吐き戻すことも無くご機嫌でした。
d0360206_00462040.jpg
23時には尻尾をパタパタ振り、
動きもいつもと変わらないまでに回復。
結局、翌朝の開院時刻を待ってかかりつけ医へ。
d0360206_00462509.jpg
病院でもAHTさんたちに愛嬌を振りまき、
診察でも特にこれといった所見は無し。
腹部X線を撮り、誤飲・誤食も否定的。
しかし、
d0360206_00462993.jpg
血液検査で一項目だけ異常値が。
白血球数22000と高値。
それ以外は押しなべて正常値でした。
※ALPはやや高めですが、成長期なので。
d0360206_00463323.jpg
ということで。
どこかに感染なり炎症なりが在るのでしょう。
しかし如何せん、既にぶっちぎりで元気なリース。
今回は経過を観察するのみとなりました。
ほっ。

いつも元気印が当たり前、でした。
そんな彼が見る間に元気をなくす姿に
家族みんなが慌てふためきました。
でっかい身体でも、中身は8か月のパピー。
まだまだ目が離せません。


リースの昨夜の様子です。
すっかり元気!!


ぽちーとどうぞ。
                        ジャーマン・シェパードランキング

こちらもぽちーと。にほんブログ村 犬ブログ ジャーマンシェパードへ

Commented at 2019-07-05 14:59 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2019-07-05 15:26 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by チャチャママ at 2019-07-05 15:43 x
リースくん、回復したんですねε-(´∀`*)ホッ
何があるか分かりませんからね
ホントはまだまだ仔犬ちゃん( ^ω^)・・・
病院もお疲れ様でした
お大事にね

ゆきちゃんの側にリースくん
安心するのね(^^)
by monchuchu0116 | 2019-07-05 12:00 | 病院・病気 | Comments(3)