人気ブログランキング |

さあ、いざ新天地へ

突然ですが
ほぼ1年間にわたり、
もんちゅちゅは皆さまに隠し立てしていたことがあります。

まずは今年の5月1日をもって今の職場を退職し、
遅くとも夏頃までには生活拠点をくまモン県から他所へ移し、
来年の4月1日にオープンするオーベルジュの支配人となります。
d0360206_13202480.jpg

(2015年11月某日、ドライブがてら下見に付き合うおちび)
以前から犬とかかわる仕事を生涯続けたいと思っていました。
数年前にゆきとともに訪れた大分県は久住、
海に囲まれて育ったわたしにとってそこはまさに別天地でした。
雄大な連山、高原の澄んだ空気、夏は涼しく過ごしやすく、冬には幻想的な雪景色。

久住で過ごした数日間、
ゆきの体調がすこぶる良好であったこともわたしには魅力でした。
いずれはこの地に移住したいと、この頃から薄々と考えてはいたのです。
d0360206_13202583.jpg

(久住高原近辺にて。見慣れぬ風景にドキドキのおちび)
さて、もんちゅちゅ父はフランス料理のシェフを生業としており、
数年前までは九州圏内で3軒のフレンチレストランのオーナーシェフを務めていました。
今はシェフ業を退いてオーナー業に専念しているのですが、
その父から「オーベルジュをやろうと思うのだが、経営してみないか」と誘われたのです。
そして「場所は久住か、阿蘇辺りを考えている」、とも。
??恐らくは父なりにわたしの望みを汲み取ってくれたのかもしれません。
d0360206_13202667.jpg

(海は無いけど、これからは山がある!!)
それはとても有難く夢のような話でしたが、不安が大きかったのもまた事実。
これまで経営などという言葉とは無縁に過ごしてきたもんちゅちゅでしたから。
数えきれないくらいに話し合いを重ね、
・経営が軌道に乗るまではもんちゅちゅ父が全面的にバックアップする
・支配人はもんちゅちゅとし、妹である画伯を共同経営者とする
・料理に関しては、父のお弟子さんでもある某フレンチレストランのシェフがたいそう乗り気なので
彼に一任すれば間違いはないだろう

等々、数カ月にわたりああでもないこうでもないと計画を練ってきました。
それから徐々にではあるものの計画は現実のものとなり、
実際に久住に足繁く通っては理想の物件を押さえ、
主要スタッフもどうやら確保することができ、
建物も既に内装を残すのみとなり、
d0360206_13202755.jpg

(九重連山を眺めて思いを馳せるおちび)
2017年4月1日に「 le chien 久住」がオープンする運びとなりました。 ※クリックでHPに移動します
オープンまでちょうど1年となった本日、まずは皆さまにお知らせまで。

5月1日より予約受付を開始致します。
オープンより1年はリーズナブルな価格でのプランを提供させて頂く予定ですので、
ご旅行の際には候補のひとつにお考え頂けますと幸いです。
d0360206_13202872.jpg

これからしばらくは勉強しなければならないことも多く、今より多忙な毎日となるでしょう。
ですが幸い画伯との同居も本決まりとなり、GW頃には二人と一匹での新生活が始まる予定です。
??そして来年の今頃には、久住での暮らしぶりをゆきとともに綴っていけたらと。

このブログの更新も出来るだけ滞ることなく続けていくつもりです。
時折はオーベルジュのオープンに向けての進捗状況もお知らせできればと。
何はともあれ、「徒然てんぐさ」ならびに「le chien 久住」、
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。


d0360206_13065528.jpg

にほんブログ村
怒涛の展開に目を回すおちびちゃん。
by monchuchu0116 | 2016-04-01 05:30 | その他 | Comments(0)