人気ブログランキング | 話題のタグを見る

特発性てんかん(疑い)と診断されたメイメイ。
幸いにも現時点で発作の再発はみられません。
特発性てんかん・今後の方針_d0360206_18004386.jpg
特発性てんかんの治療は、薬を使って発作をコントロールします。
症状を抑えるのが目的の<対症療法>で、
てんかんそのものを治すわけではありません。
特発性てんかん・今後の方針_d0360206_18004344.jpg
てんかん治療の目的は、
①発作の繰り返しにより脳組織が損傷されるのを防ぐ
②発作が止まらなくなるのを防ぐ
③発作の回数を少なくする
④発作を軽くする
といった点にあります。
特発性てんかん・今後の方針_d0360206_18004415.jpg
基本的に特発性てんかんの治療は飲み薬になりますが、
メイメイには処方されていません。
これにはもちろん理由があって、
一般的には次のようなことを治療開始の目安とすることが多いのです。
特発性てんかん・今後の方針_d0360206_18005080.jpg
・1ヶ月に1回以上、もしくは3ヶ月に2回以上の発作がみられる。
・3ヶ月に1回以上の発作がみられ、その間隔が短くなってきている。
・1回の発作が30分以上続いたり、
意識状態が完全に回復する前に次の発作を起こしたりする。
・1日に2回以上の発作がみられる。
特発性てんかん・今後の方針_d0360206_18005110.jpg
かかりつけの先生のお話によれば、
年に1,2回程度の発作のみを呈する子もいるそうで
特発性てんかん・今後の方針_d0360206_18005725.jpg
そういった場合は治療薬による利益不利益を天秤にかけ、
発作の程度自体も軽度であるようならば
定期的な内服をせずに様子を見ることも多いとのこと。
特発性てんかん・今後の方針_d0360206_18005792.jpg
ということで発作が1回のみのメイメイは
現時点では特に治療を要さず経過観察のみ。
今後発作の再発がみられた場合には内服開始を検討、
という方針になりました。
特発性てんかん・今後の方針_d0360206_18010235.jpg
(日曜のメイメイ。雨の止み間にドッグランにて)
(もんちゅちゅの脚の間から覗いている)
ちなみに運動や食事も含め、
特発性てんかん・今後の方針_d0360206_18010385.jpg
日常生活について特に制限はありません。
今まで通りのメイメイです!


ぽちーとどうぞ。

こちらもぽちーと。にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ

# by monchuchu0116 | 2024-04-22 00:02 | 病院・病気 | Comments(3)

その手があったか!

地震とメイメイの受診とで
春爛漫キャンプ(仮)の機会を失った我々。
その手があったか!_d0360206_20322493.jpg
間近に迫るGWは高速道路の劇込みが予想されるため
絶対に出歩かない意思を固めているもんちゅちゅ。
その手があったか!_d0360206_20322473.jpg
天気予報は相変わらず梅雨を思わす傘マークが続き、
今週はどうしても先送りできない仕事もあり、
その手があったか!_d0360206_20322593.jpg
うーむ・・・
リースには言いにくいことなんだけど・・・
その手があったか!_d0360206_20323266.jpg
春爛漫キャンプ(仮)に関しては
全く見通しの立たない状況となっております!
その手があったか!_d0360206_20323203.jpg
しおしおとギアを片付けていたらば
画伯ちゃんが一言。
その手があったか!_d0360206_20323312.jpg
「庭でキャンプしたら?」
!!!
その手があったか!_d0360206_20323907.jpg
お家キャンプ。
その手があったか。
その手があったか!_d0360206_20323955.jpg
これはちょっと
真剣に検討せねばなるまい。


ぽちーとどうぞ。
  ジャーマン・シェパードランキング

こちらもぽちーと。にほんブログ村 犬ブログ ジャーマンシェパードへ

# by monchuchu0116 | 2024-04-21 12:00 | 日常

診断名※疑い病名

4月18日にかかりつけの動物病院を受診したメイメイ。
診断名※疑い病名_d0360206_19311266.jpg
もちろん診察時には何ら異常は認められず、
相変わらずビビり散らかすいつものメイメイ・笑
診断名※疑い病名_d0360206_19311490.jpg
さて、今回メイメイに下った診断。
特発性てんかん(疑い)。
診断名※疑い病名_d0360206_19311572.jpg
そもそも<てんかん>の定義は、
けいれんの発作が不定期に、繰り返し起こるもの。
(不定期に繰り返し起こる発作を主症状とする、脳の慢性疾患)
メイメイのけいれんは初回なので、今の時点では「疑い」なのです。
診断名※疑い病名_d0360206_19312175.jpg
そして犬のてんかんは大きく二つに分類されます。
①特発性てんかん;脳に器質的な異常は見られない。
②構造的てんかん;脳の異常(病気や事故の後遺症など)により引き起こされる。
それぞれに好発年齢があり、
特発性てんかんは1~5歳に多く、
構造的転換は1歳未満、6歳以上に多く見られます。
診断名※疑い病名_d0360206_19312276.jpg
なお発症率は日本では1~2パーセントといわれており、
なりやすい犬種としては
ビーグル、ダックス、プードル、シェルティー、シェパード、テリア系、レトリバー系
が挙げられます。
診断名※疑い病名_d0360206_19312273.jpg
典型的な症状は、
全身がピーンとつっぱる強直発作・全身がガクガクと痙攣する間代発作
※メイメイは強直発作のみでした
そのほかに、体の一部のみに症状がみられる部分発作もあります。
診断名※疑い病名_d0360206_19312871.jpg
てんかんの一連の発作は、
発作前症状(そわそわしたり、徴候は様々)
→発作(多くは2分以内)
→発作後のもうろう状態
※メイメイの発作前症状ははっきり分かりませんでした。
診断名※疑い病名_d0360206_19312999.jpg
今の時点で発作の再発はみられていません。
なおてんかん以外にけいれんを起こすものとして
代謝性疾患・炎症性疾患・感染性疾患は否定的です。
※血液スクリーニング検査の結果による
診断名※疑い病名_d0360206_19313618.jpg
先代のゆきはシニアになっての発症だったので、
構造的てんかんだった可能性はあります。
しかし彼女は心臓・腎臓・呼吸器に不具合を抱えており、
例えば麻酔をかけての検査等はわたしが望まず、
発作時の坐薬(ダイアップ、一般名ジアゼパム)を処方してもらっていました。
診断名※疑い病名_d0360206_19313615.jpg
この週末はてんかんのお勉強に明け暮れるもんちゅちゅであった。
(続く)


ぽちーとどうぞ。

こちらもぽちーと。にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ

# by monchuchu0116 | 2024-04-21 00:02 | 病院・病気

ここ数日間というもの
旧TwitterやらInstagramやらのわんこ界隈を中心に
とんでもないニュース?が出回っていました。
大怪我をした犬は存在するのかしないのか_d0360206_20275254.jpg
東北地方某県某市に於いて
女性がワイマラナーとの散歩中に酔漢に絡まれ、
4人に殴られ蹴られたワイマラナーが重体に陥っているとのこと。
大怪我をした犬は存在するのかしないのか_d0360206_20275302.jpg
ワイマラナーは複数の足を骨折し、
今後は回復も見込めないなら安楽死の処置がとられるかもしれない。
4人組の酔漢は現場から走って逃走。
警察に届け出済み・コンビニの防犯カメラにその姿が映っていた!
この内容が物凄い勢いで拡散されていました。
大怪我をした犬は存在するのかしないのか_d0360206_20275705.jpg
しかし翌々日にはもう、
・ワイマラナーの登録が確認できず
・警察への通報・被害届も確認できず
・コンビニの防犯カメラ映像も確認できず
・・・
そもそも事件自体が存在しなかった可能性が濃厚となり、
騒動は収束しつつあります。
大怪我をした犬は存在するのかしないのか_d0360206_20275775.jpg
天使のもんちゅちゅ曰く、
よかった!
重体のワイマラナーは居なかったんだ!
大怪我をした犬は存在するのかしないのか_d0360206_20275888.jpg
悪魔のもんちゅちゅ曰く、
最初から胡散臭かった。
一見すると強面のワイマ(体重30キロ)を連れている女性に絡むか?
人間が素手で勝てるのは精々小型犬よりの中型犬まで、
ワイマの方が強いんでは無いかい?
大怪我をした犬は存在するのかしないのか_d0360206_20280293.jpg
さらに悪魔のもんちゅちゅ曰く、
そもそもの発端となったのは
「当該者の友人からDMをもらったのですが・・・」
匿名と伝聞から始まる話からは(個人的には)距離を置いたが吉。
要するに<眉唾>ですね!
大怪我をした犬は存在するのかしないのか_d0360206_20280241.jpg
この事件がどこまで本当なのかは結局藪の中、
実際に酔漢によって傷つけられたわんこがいて、
これ以上ことを大きくしたくないがためにポストを引っ込めた、
そんな可能性も無いわけではないし。
大怪我をした犬は存在するのかしないのか_d0360206_20280560.jpg
もんちゅちゅの<拡散>の基準は、
・自分もしくは家族の身に起きたこと
・自分の目で直接確かめたこと
以上になります。
これまでも、これからも。


ぽちーとどうぞ。
  ジャーマン・シェパードランキング

こちらもぽちーと。にほんブログ村 犬ブログ ジャーマンシェパードへ

# by monchuchu0116 | 2024-04-20 12:00 | 日常

4月18日の午前1時に異変をきたしたメイメイ。
けいれん発作の記録、その二_d0360206_19314343.jpg
悲鳴を上げた直後に全身をのけ反らせる強直発作が5秒ほど。
正確にカウントしていたわけではありませんが、
10秒は続かなかったと思います。
けいれん発作の記録、その二_d0360206_19314316.jpg
発作の間は手を出さずに見守り、
硬直していた体から力が抜けるのを見澄まして
「メイメイ?」と静かに名前を呼んでみました。
けいれん発作の記録、その二_d0360206_19314312.jpg
メイメイの目は見開いたままでしたが、視線は合いません。
そっと体を横にしたら、されるがままで朦朧とした様子。
けいれん発作の記録、その二_d0360206_19314473.jpg
その後しばらくはほぼ身動きもせずに横たわり続け、
わたしは彼女のお腹が規則的に上下するのを見て
どうやら命に別状はないようだと胸を撫で下ろしました。
けいれん発作の記録、その二_d0360206_19314700.jpg
撫でている時にシーツが濡れているのに気づきました。
発作の際に失禁していたので、タオルを敷いて急場しのぎ。
ひたすら撫でて声をかけ続け、
けいれん発作の記録、その二_d0360206_19315125.jpg
メイメイの意識が戻ったのはおよそ20分後。
そのままいつも通りにわたしの隣で眠り、
朝にはすっかり元気を取り戻していました。
けいれん発作の記録、その二_d0360206_19313682.jpg
(発作当日は散歩を休み、翌日の散歩を終えたちびーず)
今回メイメイは初めてけいれん発作を起こしたわけですが
わたしが慌てたり取り乱したりしなかったのは
けいれん発作の記録、その二_d0360206_19313779.jpg
ひとえに、ゆきが「てんかん」を患っていたからです。
伊達に3ポメを看取ったわけではない・・・!
こういう時に経験が生きるものだとしみじみしつつ。
けいれん発作の記録、その二_d0360206_19313738.jpg
メイメイを助手席に乗せ、
一路かかりつけ医へと向かったのであった。
(続く)


ぽちーとどうぞ。

こちらもぽちーと。にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ

# by monchuchu0116 | 2024-04-20 00:02 | 病院・病気