<   2017年 03月 ( 43 )   > この月の画像一覧

無事に原稿が上がりました。やったぜ。
やる時にはやるもんちゅちゅです←
d0360206_13370674.jpg

安心して家で寛いでいた22時、
現場に急遽お呼ばれして24時帰宅となりましたけれども。
画伯ちゃんが居てくれて良かった!!
「シカゴ・ファイア」は見損ねたけれどね!!

d0360206_13370731.jpg

ちなみに先週も同様のことがありまして。
しかも2度ほど。夜間の呼び出し。
d0360206_13370706.jpg

先月のプレミアム・フライデーには
ちゃっかりとお休みを頂いて美少女ノエルちゃんとおデートをしていたのですが。
d0360206_13370787.jpg

今月のプレミアム・フライデーはぎっしりとお仕事。
土曜日はいつも通り出勤、日曜日にも休日出勤の予定。
d0360206_13370730.jpg

おまけに金曜日は雨予報ですので
木曜日はいつにも増して長時間の散歩となりました。
d0360206_13370869.jpg

出来るだけ時間をつくってキミらを連れ出す予定だけれど
週末の遠出は難しいかもしれないな……。

(おまけ)
d0360206_13370887.jpg

一昨日の記事では、皆さまのパッション溢れるコメントを頂きました。
どれもこれも愛情たっぷりの呼び名ばかりで、思わずにまにましてしまいます( *´艸`)
本名を踏襲しているラブリーなものから、もはや原形を留めなくなっているものまで色々。
d0360206_13370824.jpg

勝手ながらMVPは。
レン丸御膳from「犬といる生活」レンくん。
そして、べこんfrom「かんきち日記」勘兵衛くん。
その独特のネーミングセンス、素敵すぎです……!!
※画伯と一緒に楽しく拝読させて頂きました(´▽`*)

にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ
にほんブログ村
あめですと!?
[PR]
by monchuchu0116 | 2017-03-31 05:30 | 日常 | Comments(0)

好き放題にはみ出して微睡むおちびちゃん。

[高画質で再生]
触りたくなるおでこ
[広告] VPS
ついちょっかいを出してしまうもんちゅちゅ。
魅惑のおでこ。ぽやぽやの毛。たまらん。

にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ
にほんブログ村
もんつつが でこっぱち っていうの。
[PR]
by monchuchu0116 | 2017-03-30 17:30 | 動画

わたしです(キリッ
お察しのとおり、原稿がまだ上がっておりません。
d0360206_13370495.jpg

半分くらいを書き終えたところで
生来の飽きっぽい性格が災いし、
d0360206_13370442.jpg

あっちこっちに興味が移って
挙句の果てに八方塞がりになるパターン。
d0360206_13370415.jpg

(外に出たら雨に降られ)
(濡れない場所にいち早く避難のおちび)
d0360206_13370517.jpg

(同じく雨に降られ)
(少しも気にせず遊び続けるムク)
d0360206_13370572.jpg

ヤバいヤバいどうしようと呻きつつ
こうして外で遊んでいられるうちはまだ余裕←
d0360206_13370539.jpg

締め切りまであと4日もあるじゃん、
明日から本気出すよ!!
……
ほんとだよ!!
d0360206_13370593.jpg

夏休みの宿題を8月31日に片付け
試験の度に一夜漬けで乗り切ってきた不肖このもんちゅちゅ。
d0360206_13370608.jpg

年齢を重ねても
本質のところはまったく変わっておりませぬ。
……
ふふっ。

にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ
にほんブログ村
今日中に仕上げるよ!!
たぶんね!!
[PR]
by monchuchu0116 | 2017-03-30 05:30 | 日常

これまでにも何度か話題にしたことがありますが、
ゆき(とムク)の呼び名事情について。
d0360206_13370104.jpg

ゆきにもムクにも其々に
今を時めく愛称というものがありまして。
d0360206_13370226.jpg

それはもうバラエティに富んでおり
元々の名前からは想像もつかないようなものもありまして。
d0360206_13370216.jpg

ゆきの場合、
「ゆきたん」←割と普通。
「ちびたん」←見たまんま。
d0360206_13370272.jpg

ムクの場合、
「ムクさん」←何故か「さん」がつく。
もんちゅちゅはほとんど「ムク」「ムクさん」で統一。
d0360206_13370238.jpg

ゆきの場合、
「ちーたん」←「ちびたん」から派生。
「のの」「のんのん」「のんのんちゃん」←???
「よーちー」「よちょい」←割と以前からある愛称。
最近もんちゅちゅは「ちーたん」、画伯は「のの」と呼ぶことが多い。
d0360206_13370362.jpg

ムクの場合、
「ちーちー」←もはや何が何だか。「ムク」に掠りもしない。
「ムンカクシー氏」←ちょっと正式名称っぽい。
ちなみに画伯は「ちーちー」を多用。
d0360206_13370397.jpg

好き放題に呼ばれてるのに
彼らはきちんと各々の愛称を理解して、
其々律儀に反応してくれる模様。
d0360206_13370368.jpg

モフ族と共に暮らす皆さま。
可愛い呼び名、風変わりな愛称。
心当たりがお有りでしょう?ね?ね?

にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ
にほんブログ村
『かわいいのがいい』
『かっこよくよんで』
[PR]
by monchuchu0116 | 2017-03-29 05:30 | 日常 | Comments(0)

ガムを食べるのがへたっぴのおちびちゃん。
胸毛を汚さないように食べられるよう、
ガムを固定できるおもちゃを購入。

[高画質で再生]
買ってみた!!
[広告] VPS
結果、ビビりが過ぎて使用も儘ならず。
見事に玉砕(/・ω・)/

にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ
にほんブログ村
もんつつが おさえてて
→だってガムごともんちゅちゅの指を齧るでしょ。
[PR]
by monchuchu0116 | 2017-03-28 17:30 | 動画

惚れ惚れしちゃう

10年以上もの間、
毎日顔を突き合わせているのに。
d0360206_13370018.jpg

何度見ても
見飽きるということが無い。
d0360206_13370029.jpg

何時間だって
眺めていられそうな気がする。
d0360206_13370012.jpg

詰まる所、わたしは。
彼女にベタ惚れなのです。
d0360206_13370187.jpg

ところが人間相手だと
なかなかこうはいかない不思議←
d0360206_13370124.jpg

……
と、ここまで書いた午前4時。
まさに今、セ○ムの警報が鳴り始めましたΣ(゜Д゜)
見回りに行って来ます(`・ω・´)ゞ

にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ
にほんブログ村
真夜中の警報は心臓に悪い。

※本日中に原稿を上げる覚悟のため、コメ欄お休みしております<(_ _)>
[PR]
by monchuchu0116 | 2017-03-28 05:30 | 日常

いいわけ

おお、今週末にはもう4月ではないか。
ということはつまり、今が絶賛年度末進行のわが職場!!
d0360206_13365719.jpg

通常の業務に加えて
4月3日締め切りの原稿も未だ上がっていないこの体たらく。
d0360206_13365852.jpg

しかし日曜日。
しかもいい天気。
d0360206_13365846.jpg

彼は外で
身体を動かすのが大好き。
d0360206_13365974.jpg

彼女は何処でも
わたしに撫でられるのが大好き。
d0360206_13365906.jpg

だからわたしは
あらゆる言い訳を飲み込んで、
d0360206_13365916.jpg

出来る限り
彼らの傍で一緒に笑う。

にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ
にほんブログ村
いつでも いっしょ。
[PR]
by monchuchu0116 | 2017-03-27 05:30 | 日常 | Comments(0)

実録・発作の翌朝

まるで何事も無かったかのよう。

[高画質で再生]
発作から一晩明けて
[広告] VPS
前日に痙攣を起こしたばかりなんて
信じられないくらいに元気です。

にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ
にほんブログ村
へーきへーき。
[PR]
by monchuchu0116 | 2017-03-26 17:30 | 動画

恐れを削ぐもの

今日もまたお勉強に勤しむもんちゅちゅです。
学ぶことはまだまだ山のようにある!!

今回のゆきの症状(痙攣)についてですが、病名としては「てんかんの疑い」です。
何故「疑い」なのかと言いますと。
「てんかん」は慢性的な疾患であり、発作を繰り返すというのが特徴であるため、
1回のみの発作では「てんかん」と診断することはできないそうです。
d0360206_13365544.jpg

仮に彼女の病気が「てんかん」であると仮定して。
5歳以下の犬の場合、原因不明の「特発性てんかん」が多い。
シニアになっての発症の場合、特定の疾患が原因となって生じることが多い。
d0360206_13365523.jpg

てんかん発作を引き起こし得る幾つかの疾患について、
心臓疾患→投薬治療を行っており、落ち着いている。痙攣を起こすほどの悪化は無い。
腎不全→上に同じ。まだ尿毒症を起こすほどの段階ではない。
肝疾患→そもそも小肝症や門脈シャントは無く、エコーでも問題なし。データも良好。
電解質異常→特にナトリウムとカルシウム。どちらも正常範囲内。
誤飲・誤食による急性中毒→無し。
d0360206_13365680.jpg

次々と可能性を排除していき、残ったのは「脳」の異常。
脳腫瘍であれ血管の異常であれ、診断を確定するためにはCT・MRI検査が必要。
この検査のためには全身麻酔が不可欠、しかしおちびちゃんに全身麻酔は無理。
……ううむ、この問題はいったん保留としよう。
d0360206_13365609.jpg

そういえば、去年の暮れには。
胆のう粘液嚢腫と甲状腺機能低下症について調べ←ムク
その前にはアジソン病とクッシング症候群について調べ←ムク
シニア犬と一緒に暮らしていると、勉強することが多くて目が回る。
d0360206_13365657.jpg

しかも皮肉なことに、
知識を得れば得るだけ恐ろしくなることもある。
それでもやはり、彼らと一緒に暮らしているわたしには責任がある。
d0360206_13365749.jpg

そして、何よりも。
知識は力なり、日々勉強。
無知であることが、いちばん恐ろしい。
そう自分に言い聞かせ、今日もまたお勉強に勤しむもんちゅちゅです。
d0360206_13365730.jpg

結局、全身麻酔下での検査についてはリスクとベネフィットを天秤にかけて。
次に彼女が痙攣を起こしたら、その際に検討するという結論に至りました。
おちびちゃん、あなたの身体の中で何が起きているのか分からないけど。
あなたにとってベストな方法を、わたしはずっと考えていくよ。

にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ
にほんブログ村
げんきが いちばん。

More
[PR]
by monchuchu0116 | 2017-03-26 05:30 | 病院・病気

経過と回復

ゆきが痙攣を起こしたのは今回が初めてのことで、
当然ながら何の予兆も無しに生じたことだったので、
その時のわたしには痙攣に関しての知識が殆どありませんでした。
d0360206_13365305.jpg

乏しい知識を総動員して、
ゆきが腕に凭れかかるような形で抱っこをして、
もう片方の手は出来るだけそうっと彼女の和毛を撫でて、
がくがくと激しく震え続ける彼女の全身を柔らかく包み込むようにして。
d0360206_13365318.jpg

このような時には
絶対にパニックを起こしてはいけない。
大声で叫んだり体を揺すったりしてはいけない。
吐瀉物を喉に詰まらせぬよう、仰向けに抱っこしてはいけない。
……わたしが知識として知っていたのは、ただそれだけでした。
d0360206_13365336.jpg

大丈夫だよ。
何も心配要らないよ。
ゆき、ゆき、頑張り屋さんだね。
いつもと変わらぬトーンを保つよう努め、
彼女に声をかけながらわたしは発作の時間を計りました。
d0360206_13365424.jpg

全身の振戦が治まるまでに要した時間は、約2分。
振戦が治まってもなお、ゆきはぼうっとした表情で脱力したまま。
完全に意識が戻ったのは、およそ15分程度が経過して後のことでした。
それまで膜がかかったようだった瞳に光が宿り、
覗き込むわたしの鼻をペロリとひと舐めし、
そこに在るのは常と変わらぬ彼女の姿。
d0360206_13365488.jpg

痙攣が終わりかけた頃に、動画を撮るべきだったと思いましたが。
ゆきを抱っこして両手が塞がっていたので、どのみち不可能だと考え直しました。
ただし、もしもまた彼女が痙攣発作を起こした時には動画を撮って主治医の先生にお見せする予定です。
d0360206_13365495.jpg

それから今に至るまで、二度目の発作は見られません。
ゆきはよく食べ、よく眠り、活発に動き、もうすっかりいつもの彼女です。
d0360206_13365507.jpg

もちろんゆきはすぐに精密検査を受けて、
わたしも痙攣について色々と調べたり勉強をしたりしたわけですが。
上手いこと纏められなかった故、次記事に持ち越しとなってしまいました。すみません。

にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ
にほんブログ村
だいじょぶですよー。
[PR]
by monchuchu0116 | 2017-03-25 05:43 | 病院・病気