<   2014年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

天は自ら助くる者を助く

神さまは公平で、依怙贔屓なんてしない。
見ていないようで、何でもしっかり見ていらっさる。
d0360206_12452996.jpg

『あつい……』
だから自らちゃんと努力をしていれば
幸運な結果がもたらされるはず。
d0360206_12453180.jpg

『くーらー つけてー』
例えば車の助手席が暑くてどうしようもないならば
身を乗り出して飼い主に訴えかけ、
d0360206_12453215.jpg

『すずしー』
その結果としてエアコンを全開にしてもらい、
d0360206_12453382.jpg

『もっと すずしー』
顔が変形して見えるほどの涼風を浴びることが出来る。
d0360206_12453373.jpg

例えば背中のしこりにおろおろするばかりでなく、
本を読んでネットで調べて
毎日その大きさと性状を記録して
ゆきの体調に少しでも変化がないかどうか気を配る。
一週間後には笑い話に終わっていると期待して。

ゆきの背中のしこりのことを、多くの方に心配して頂いています。
同じようなことを経験なさったという貴重なコメントも頂戴しました。
自分なりに調べてみて、
・急性の発症である ・単発性である ・5日間に渡って症状が続いている
等の事実から、
1.感染性のもの;皮膚の下に膿の袋のようなものが形成された状態
2.ワクチン接種後の反応
がもっとも可能性が高いのではないかと推測しています。
感染の場合は抗生剤が効くはずですし、いずれにせよ生命にかかわることはなさそうです。
無論「悪性腫瘍」については常に頭の中に入れておかねばならず、
例え可能性が低くても無視するわけにはいかない厄介な存在ですが。

こんなにもたくさんの方々に応援して頂いているゆきには、きっと幸運も味方してくれるはず。
一週間後には良い結果をご報告できると信じています。
いつもゆきのことを見守ってくださり、本当にありがとうございます。

d0360206_12284121.gif

にほんブログ村
[PR]
by monchuchu0116 | 2014-05-31 01:29 | Comments(0)

お願い事ばっかりで

旅行の余韻も次第に薄れつつある木曜日、
ゆきを連れて動物病院へと行きました。
d0360206_12452695.jpg

ゆきの背中、右の肩甲骨のあたり。
しこりを触れるのです。
d0360206_12452639.jpg

しこりは約3.5センチ×1.0センチ。
ゆきの小さな背中にしては、ぎょっとするほどの大きさです。
d0360206_12452810.jpg

見つけたのは日曜日。
毎日欠かさずゆきの身体をくまなく触れているから、
この大きさのしこりを見逃すとは考えにくく、
急激に大きくなったものと推測されます。
d0360206_12452847.jpg

主治医の先生とも相談して5日間経過を見、
しこりが縮小する気配はなく、
まずは1週間抗生剤を内服させて変化を見ることになりました。
d0360206_12452825.jpg

わんこの神さま、
いつもお願いごとばかりで申し訳ありません。
ただの炎症でありますように。
抗生剤が効いて、しこりが消えてくれますように。
絶対に、悪いものではありませんように。


d0360206_12284121.gif

にほんブログ村
[PR]
by monchuchu0116 | 2014-05-30 00:19 | Comments(0)

社会に出て働いている以上、
一日の全てをゆきに捧げるわけにはいかないのが現実。
d0360206_12452209.jpg

どんなに愛しく思っていても、
片時も離れたくないと思っていても。
d0360206_12452338.jpg

ゆきにご飯を食べさせ、
安心して眠れる寝床を与え、
充分な医療を受けさせるためには、
d0360206_12452311.jpg

自分の食い扶持プラスα(アルファ)を稼ぐためには、
ゆきとの時間を犠牲にしなくてはならないのが現実。
d0360206_12452324.jpg

だけど非日常のこの世界で、
わたしは自分の時間の全てをゆきのために費やすことが出来る。
d0360206_12452367.jpg

寝ても覚めてもゆきのことだけを考えて、
自分が起きている間中ゆきの姿を追いかけることが出来る。
d0360206_12452452.jpg

旅の出立の朝に
必ず自分に言い聞かせるのは、
d0360206_12452477.jpg

心臓に爆弾を抱えた8歳のゆきと
あと何回こうして一緒に旅をすることが出来るのか、
そしてもしかしたら
今回の旅が最後になるかもしれないということ。
d0360206_12452574.jpg

寒い冬が過ぎて暖かくなったら旅に出よう。
暑い夏が終わって涼しくなったら旅をしよう。
だから次の旅に出るまでは、どうか元気で過ごせるように。
d0360206_12452581.jpg

共に旅をするのは一つの目標。一つの目安。
それはあたかも長距離走におけるチェックポイントのよう。
d0360206_12452545.jpg

次のチェックポイントも無事に通過できるようにと
祈りにも似た思いを込めて、
わたしはまた旅の計画を立てるのです。


d0360206_12284121.gif

にほんブログ村
[PR]
by monchuchu0116 | 2014-05-29 00:07 | Comments(0)

今回の旅行は二泊三日の日程だったので
2日目を観光にあてました。
d0360206_12451607.jpg

早く起きてランに行って、
朝食をとったら出発です。
d0360206_12451790.jpg

久住高原や阿蘇山を眼下に臨み
澄みきった空気といいお天気に気を良くしつつひた走り、
d0360206_12451832.jpg

久住山の懐近く、
「くじゅう花公園」へとやって来ました。
d0360206_12451830.jpg

ちょうど見ごろのポピーを前に歓声を上げる人間と、
何が咲いていようが全く意に介さないポメラニアンと。
d0360206_12451835.jpg

お花畑の中で笑って記念撮影なんて、
そんな目論見を見事に打ち砕くこの表情。
もしかしてお花には興味が無くていらっさるんでせうか(汗)。
d0360206_12451870.jpg

不機嫌なままのゆきを後部座席に押し込んで、
ナビにもないような道に首をひねり、
車一台通るのがやっとというアップダウンの激しい峠道を通り抜け、
d0360206_12451903.jpg

鬱蒼と茂る原生林が陽射しを遮り、
気温はぐっと下がり、
苔むした小道の先に現れ出でたのは別世界の光景。
d0360206_12452190.jpg

何とはなしに厳かな気持ちさえ抱かせるこの場所は
声を出すことも憚られるような空気に満ち、
d0360206_12452100.jpg

この景観の中に身を置いたというだけで
言いようのない充足感を感じながら、
わたしたちは言葉少なに宿への帰路につきました。
d0360206_12452114.jpg

撮った写真を見比べてみると、その表情から一目瞭然。
どうやらゆきは、いささかマニアックな観光がお好みのようです。
花公園きれいだったのになー・涙。


d0360206_12284121.gif

にほんブログ村
[PR]
by monchuchu0116 | 2014-05-28 01:32 | Comments(0)

4時間の快調なドライブの道中、
後部座席のカゴの中で眠りこけていたゆき。
ちなみに今回ももんちゅちゅ妹と一緒です。
d0360206_12451298.jpg

『おもいだしたー』
宿に到着して車外に出すと、ゆきは驚くべき行動を見せました。
d0360206_12451318.jpg

自ら心得た様子で離れのスロープを上がり、
玄関の前でもんちゅちゅが鍵を開けるのを待ち、
鍵が開くとさっさと中に入ってトイレを使い、部屋を検分。
d0360206_12451331.jpg

去年の10月今年の3月
お世話になるのはまたしても「久住 小笠原」さん。
d0360206_12451311.jpg

敷地の中に離れが10棟、部屋の造りは全て同じ。
もしかしてゆきは記憶していたのでしょうか。
※お風呂のそばに妙な豆狸が転がっていますがお気になさらず。
d0360206_12451341.jpg

前回3月に訪れた時は雪がちらついていましたが、
今回はまさにベストシーズン。
苦手だったウッドデッキにも少しは慣れて、夕涼み。
d0360206_12451430.jpg

わんこ用の食事は無いので
あらかじめ部屋でご飯を食べさせてから、
d0360206_12451456.jpg

人間の食事の間は
レストランでこのように待っていてもらいます。
d0360206_12451444.jpg

ここのお宿を選んだ理由は設備や環境も含めて幾つかあるけれど、
最大のものは
なぜかここのドッグランではゆきが本当に元気で、
d0360206_12451594.jpg

最初に泊まった時から
このお宿にいる間は始終嬉しそうで、
d0360206_12451557.jpg

それはもう
あたかも自分の家にいるかのように寛いで過ごしてくれるから。

宿に到着したのは16時、
1日目は観光もせずに部屋でゆっくりとしていました。
部屋の造りは同じ離れですが、露天風呂が毎回異なります。
今回は天気も良かったため、夜は満天の星空を楽しめました。
スタッフの方もゆきのことを憶えていてくださって、何かと言葉をかけて頂きました。
こういう気遣いが随所に感じられるから、次もまた行きたくなっちゃうんですよねー。
※観光編へ続く

d0360206_12284121.gif

にほんブログ村
[PR]
by monchuchu0116 | 2014-05-27 00:56 | Comments(0)

取り急ぎダイジェスト

無事に帰宅しました!!
d0360206_12451136.jpg

「九重連山とポメラニアン」
d0360206_12451140.jpg

「原生林に囲まれて」
d0360206_12451175.jpg

「隠れた水源を目指す」
d0360206_12451111.jpg

「珍しくランではしゃぐゆき」
d0360206_12451264.jpg

『れすとらんは こちらです』

お天気に恵まれた旅行でした。
雨女の称号は、返上です。

d0360206_12284121.gif

にほんブログ村
[PR]
by monchuchu0116 | 2014-05-26 00:18 | Comments(0)

写真を撮りまくれ

絶賛旅行の真っ最中のため、
予約投稿にて失礼をば。
d0360206_12450809.jpg

ゆきの幼少時の写真は、たったの3枚しか残っていません。
ブリーダーさん宅で撮影して頂いた3枚。
d0360206_12450968.jpg

ネットに掲載されたなけなしのこの3枚の写真は
もんちゅちゅの心を鷲掴みにし、
d0360206_12450935.jpg

この写真のおかげで
もんちゅちゅはゆきと巡り合うことが出来ました。
d0360206_12450956.jpg

1歳になったばかり、迎えてまだ間もないゆきの写真。
時々こうして見返すとその変貌ぶりに驚かされます。
d0360206_12451065.jpg

だ、誰……!?
と思うような写真でも、
撮って撮って撮りまくる。
記憶と記録に留めるために。


d0360206_12284121.gif

にほんブログ村
[PR]
by monchuchu0116 | 2014-05-25 00:05 | Comments(0)

義務教育時代の家庭科の成績が 2 だったもんちゅちゅが
せっせとタオルを縫い合わせて作ったものは。
d0360206_12450789.jpg

『なにこれー』
そんな不審の眼差しで見てはいけません。
地味に傷つきます。
d0360206_12450775.jpg

保冷剤を包むカバー・くまモン柄の完成!!
これをゆきのカートに仕込みます。
d0360206_12450786.jpg

『これも もってってー』
それからゆきのおやつケースと、
d0360206_12450703.jpg

『このこも つれてくー』
久々登場、ダイオウグソクムシのホッチナー氏
d0360206_12450895.jpg

さてさて、準備も整ったことですし。
ゆきと旅行に行ってきます!!


d0360206_12284121.gif

にほんブログ村
[PR]
by monchuchu0116 | 2014-05-24 00:05 | Comments(0)

油断も隙も、

抜けるような青空のもと、
ゆきを連れてドッグランに赴いたまでは良かったのです。
d0360206_12450386.jpg

カメラのレンズキャップを外し、
電源を入れた時には既にこの有様。
d0360206_12450339.jpg

至福の表情とは、
まさにこのような顔のことを言うのでしょう。
d0360206_12450542.jpg

小休止を入れつつ、
いかにも得意そうな顔でカメラ目線をくれたり、
d0360206_12450571.jpg

起き上がりざまに、
次のすりすりのターゲットを見定めたり。
d0360206_12450528.jpg

ころころとよく変わる表情から、
一時たりとも目が離せません。


d0360206_12284121.gif

にほんブログ村
[PR]
by monchuchu0116 | 2014-05-23 00:17 | Comments(0)

おねだりするは天賦の才

昼日中(ひるひなか)の気温は既に夏を感じさせ、
その間ゆきは涼しい室内でお昼寝三昧。
d0360206_12450102.jpg

日が傾いてもんちゅちゅの退社時刻が近づくと、
おもむろに伸び上がっておねだり大作戦。
d0360206_12450157.jpg

百戦錬磨のおねだり攻撃に
骨抜きの飼い主がかなうはずもなく。
d0360206_12450113.jpg

仕事帰りの疲れた心と体はそのままに、
藪蚊に散々喰われつつ、
d0360206_12450210.jpg

木陰の多い涼しい場所を
パテラの足に優しい地面を吟味して、
d0360206_12450293.jpg

その努力の代償として得るものは、
見つめる瞳とたくさんの笑顔。


前回の記事につきまして、
ゆきは聴診器を当てられると「むーーーん」と胸を張って
あのような何とも言えない表情をします。
ゆきがすぐに病院を受診しなければいけない目安となる呼吸数を
主治医の先生に教えて頂いているので、
もんちゅちゅはいつも真剣に呼吸数・心拍数を数えたいのですが。
マジメな顔で協力して頂きたいものです!!

ゆきが使っているソファは、ネットで色を指定して注文しました。
どっしりした造りで思っていたより大きく、
置き場所に困った挙句いまは畳の部屋に設置しています(爆)。

ヒルルクの桜、この気持ちを分かってくださる方がいらして嬉しいですO(≧∇≦)O

d0360206_12284121.gif

にほんブログ村
[PR]
by monchuchu0116 | 2014-05-22 00:35 | Comments(0)