経過報告と恨み言

まずは小噺をひとつ。
先日、動物病院を受診した際に。
診察台の上のゆきを一瞥して、主治医の先生が開口一番言うことには。
d0360206_13264432.jpg

「ゆきちゃん、耳の毛の具合はいかがですか?」
あの、ゆきは確か心臓と腎臓と気管の病気だったような。
その冗談、今はほんっっっっとに面白くないんですけどせんせー(棒読み
d0360206_13264535.jpg

「まだあまり伸びてません(半ギレ)」
「みたいですねー」
……という会話でもお察し、
酷い目に遭ったゆきの耳毛は未だ復活せず。
d0360206_13264504.jpg

って、もう3週間以上経過してるじゃん!!
それなのに、この(悲惨な)状況かよ!!
帽子が手放せないじゃん!!←それはさすがに嘘
d0360206_13264509.jpg

ああもう、
3週間前のあの日さえ無ければ。
ゆきをトリミングにさえ出さなければ。
d0360206_13264615.jpg

う、うわーん。
知ってるんだよ、もんちゅちゅは。
「気にしてない、可愛いよ」とのたまった画伯が、
ゆきをじっと見つめて「宝珠みたい」って言ってたの!!
……オウオウ、言うてくれるやんけ。


にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ
にほんブログ村
ゆきの おみみ……。
[PR]
by monchuchu0116 | 2016-08-23 05:30 | 日常 | Comments(0)